女の人

眠り方でうつ病を診断できる|現代病に要注意

時間の使い方

悩むウーマン

うつには急性期や回復期、再発予防期などがあり、それぞれの期間で対処法が変わってきます。また、うつ病は基本的に薬物治療をしたからといって2、3日で治る病気ではないので、根気よく治すように心がけるといいでしょう。そして、これらは、一人で治すことが難しいので、家族や職場の方などの協力が必要不可欠となっているので、あたたかい心で見守ってあげるのが近道です。ですので、これは期間によって対処法が変わってくるので、うつと診断された方がいるのなら、その都度対応をするようにしましょう。例えば、初期段階である「急性期」はなるべき早く治療をすることが大事といえるでしょう。この時期を放置しておくと更に病気が長引くことになってしまうので、この段階で診断を受け、治療に専念することが大切です。

「急性期」とは、うつと診断された時かから治る期間までのことをいい、早くても3カ月遅くて半年以上かかってしまいます。また、薬で治すので副作用が起こってしまうことがあるので、できるだけ休みを取って治療に専念することがことが鍵になるでしょう。何よりも、患者に負荷をかけることが一番の天敵になるので、自室や病院でリラックスできる空間を維持してあげることも重要になるのです。個人差によって症状が異なってくるので、患者さんに寄り添うことを忘れてはいけません。例えば、誰かの話し声や笑い声が聞こえるだけで、怖がってしまう患者さんには極力一人でいられる環境を与えるといいでしょう。反対に、一人だと参ってしまうようなタイプの方には、常に誰かがいるような環境、難しければ施設に預けるという選択も視野に入れておくといいかもしれません。

一番辛い期間が過ぎたら回復期という期間が訪れ、以前より心が軽くなる方もたくさんいます。また、体調がいい日が続くと完治したと勘違いして以前のような行動を取ってしまいがちです。特に、仕事を長い間休んでいると罪悪感に駆られてしまう方が多くいるのも事実です。しかし、油断していると急に不安に襲われてしまい、うつ病に戻ってしまうという症状が起こることでしょう。ですので、この時期はいきなり仕事復帰をするのではなく、症状を完全に起こさせないように治療に専念する必要があるのです。ですので、医師の診断が出るまではリフレッシュ期間として自分の心や体を労わってあげるといいでしょう。また、そうすることによって、この病気を回復に導くことができ、完璧に完治することが可能になるのです。

上記の期間を全て終えたらすぐに回復するとは限りません。何故なら、うつはストレスやトラウマから引きおこることが多く、フラッシュバックとして脳裏に過ることがあるので、1年から2年程度は引き続き薬での治療を続ける必要があると思っておくといいでしょう。また、医師の診断を受けていないのに薬を飲むことを止めてしまうと思わぬ副作用に悩まされてしまいます。例えば、吐き気や倦怠感、眩暈などの症状に襲われる可能性があるので、勝手に薬の服用をストップするのは絶対に避けましょう。ですので、安定期に入ったらすぐに日常に戻そうとせず、趣味などを楽しむ期間として時間を有効活用するといいでしょう。そして、もう薬も必要ないと医師にいわれたら仕事復帰を考えてみるといいのです。